2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
STDについて
2008.05.26 (Mon)
今日は性病についてお悩みの人のための『STD研究所』という性病悩みを解決してくれるサイトをご紹介します。『STD』とは性感染症のことです。
私が今まで性感染症(STD)に関して抱いていたイメージは、複数の人と性行為をした人や経験豊富な人がなるものだと漠然と思っていました。あと性感染症の感染すると痒くなる、とか汚い、とかいうイメージです。
自分にはまったく症状が見られないので性感染症なんて全く無関係と思っていました。
でも『STD研究所』の色々なコンテンツを見てみるとそんな風に症状がなくてもSTDになっている場合もあると知りビックリしました。
あとSTDになっても治療をすれば後の生活には問題ないと思っていましたが、性感染症でも患者数の多い「クラミジア」の持続感染は不妊症の原因にもなるそうなんです。
あとクラミジアについてさらにビックリしたことは、20代前半の女性の16人に1人はクラミジアに感染しているそうです。しかも女性はクラミジアに感染していることを自覚しにくいので厄介です。しかも最近では「オーラルセックス」で性器への感染だけではなくのどに感染したり、のどから性器に感染するケースも増えてきているそうです。
『STD研究所』で印象に残ったのは『STD対処法』のコンテンツです。
HIVは早期発見するとエイズの発症を抑えることが出来るそうなんです。これは知らなかったなー。
HIVに感染すると発症は抑えられないと思っていたけど。
でもHIVは症状が出にくいし検査に行くのもためらいますよね。でも今は自宅で『STD』検査することが出来るそうなんです。検査結果はネットで確認できるので完全に誰にも会わずに検査できるそうです。自宅で検査できる時代になったんだなと思ってとても印象的でした。





『STD研究所』で色々読んで感染症を甘く見てはいけないなと痛感しました。『STD研究所』を見て性感染症(STD)に対するイメージも変わりました。STDはある特定の限られた人しかならないと思っていましたが、今や、誰が感染してもおかしくないということ。エイズ以外のSTDなら感染してもたいしたことがないと思っていたけど、ほうっておくと痛い目に合うということ。色々な予防法対処方があるので今から予防出来るということ。自宅でも『STD』検査を受けられるということ。
本当に勉強になるので皆さんも是非『STD研究所』へ!
良かったら下のブログパーツでSTD検定してみてください。



スポンサーサイト
【記事編集】 09:38 |  ☆オススメ☆| トラックバック:0 |  コメント:0 |  Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。